お客様の声

施術を受けた皆様の声をお届けしています。

お客様の声一覧

F様50代「おっぱいと子宮は繋がってるんだ!とマッサージ中に改めて実感しました。」

フェミニンリラクゼーション180分の中の子宮整体は、圧加減もちょうど良く、リズムもじんわりと圧して下さり、腹部の血行が良くなった感じで、自分の体とゆっくり向き合えたセラピーでした。

下腹部や骨盤内の丁寧な施術で、腹部の固まっていた内臓にすき間ができたようで、本来の形の内臓に戻り、あるべき場所に整えられ、子宮を初めて体感できた驚きの体験でした。

マンモリラクゼーションは、今回で4回目になります。
やはりおっぱいのハリ?固さがとれてフカフカでバストアップされる事に毎回驚きます。

それに背面の肩甲骨や腕のマッサージから伸ばして下さるので、胸も開かれて呼吸も深くなるようです。

今回はゆったりとした子宮整体も取り入れてマッサージしていただき、体の中の子宮を改めて意識したような気がしました。

そしておっぱいと子宮は繋がってるんだ!とマッサージ中に改めて実感しました。
終了後は下腹部、骨盤回りがとても軽くなった感じがしました。

最後のアロマタッチは、背中にゆったりと8種類の精油で流されるトリートメントで不思議な感触で背中に8色の虹?を描かれてるような感じだなぁ~と心地よくウトウトと寝てしまいました。

毎回いろんな気づきを感じながら体も軽くなり、奈々先生のマッサージに癒されてます。
今回もありがとうございました。
またよろしくお願い致します。

F様50代

F様

お忙しい中、お時間を作って頂きまして、いつもありがとうございます。

F様は、骨盤は右が上がっていましたが、子宮の触診の時は左に違和感があったとの事で、お話をお聞きしましたら、左側を下にして寝る事が多いらしいので、左に子宮が寄ってしまう原因かもしれないと気付かれました。

腹部は強めの圧が苦手との事でしたので、確認しながら表情を見ながら行いました。それ程深い圧ではなくても、ご本人にとっては子宮が上がったのを体感出来たそうなので、デリケートな部分ですし、今後もコミュニケーションを取りながら一緒に行っていきましょう。

そして、子宮とおっぱいは繋がっているという事に、施術を通して改めて気付かれたそうで、どちらも温かく、柔らかい状態でいる事が元気な女性の身体のポイントですので、身体が喜んでいる状態をぜひキープしていきましょう!

F様は、いつも新しいメニューや施術が追加されると、必ず体験して頂きますので、その好奇心旺盛な冒険心が若さや美しさの秘訣ですね♪

私も、もうこれ以上メニューは増えないだろう…と自分でも思っていたのですが、ついつい施術欲が止まらなくて、珍しい施術を習ってしまいますが、F様のように楽しみにして頂けて、選んで頂ける方がいらっしゃると、もしかしたら又珍しい施術に出会えば増やしてしまうかもですので、どうぞ今後もお楽しみに(笑)

一通り体験されましたら、ぜひお気に入りの施術を組み合わせた、F様オリジナルメニューで、オーダーメイドしてみて下さいませね。
お時間だけ決めて頂ければ、オーダーメイドコースとして、厳選メニューで行います。

それから、F様からはとても鋭いご指摘を頂きました!
今回は、子宮整体→マンモリラクゼーション→アロマタッチ…の順番で行いましたが、最後のアロマタッチは45分間うつ伏せですので、マンモリラクゼーションでせっかく上に上がり、フカフカになった胸が潰れてしまう!と…。

さすが何度かマンモリラクゼーションを受けられていらっしゃる方ですので、敏感ですね。
私がこの順番にしたのは、先に着衣の施術を行ってから、肌に直接触れるマンモリラクゼーション(手袋でのドライマッサージと胸)、最後にアロマオイルを塗布する施術を行った方が、血行が良くなった肌へのオイルの吸収が良くなるし、まどろみながら最後に寝て頂けると考えていたのですが、お胸をせっかく持ち上げたのに、うつ伏せが長いと心配になりますよね!?
でも実際は、そんなにすぐペシャンコになる事もないとは思いますが、今後は行う前にお伺いをして、先にアロマタッチで香りに包まれながら→子宮整体→最後にマンモリラクゼーションで、終わる事も良いかもしれません。

Deep breathの施術は、単品より、いろいろなメニューを組み合わせたコースが多いので、順番によっても又感じ方は変わると思います。

ぜひ遠慮なく、今回の順番のご感想や、次回の提案、アイディアがございましたら、参考にさせて頂きますので、お知らせ下さいませ。

その方によって大切に思っている事が、胸のフカフカなのか、オイルの吸収や最後の眠りなのか、違いますからね!

Deep breathは、いつも一定のクオリティの頑固職人系ではなく、可能な限りフレキシブルに、お客様に合わせたオーダーメイド施術でやっています。

同じ方で同じコースであっても、その時のその方のお身体や、気分、季節や空気感でも違った施術になると思います。

リピーター様でも、いつも新鮮な気持ちで、お身体と対話させて頂きますので、どうぞご希望やご意見をお申し付け下さいませ。

言わなくてもわかるのが“ゴッドハンド”かもしれないので、そうすると私はまだまだなのですが、情報を共有させて頂きたいので、どうぞご自身の感覚に鋭く、正直に、気付いて頂く、そんなお時間をこれからもご一緒させて頂きたいと思っております。

こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。

倉田より

R様40代「施術を受けた後の生理では、血行の悪さや、体のだるさなど、生理中の不快感がなくなりました。」

『子宮整体』
施術を受けた後の生理では、血行の悪さや、体のだるさなど、生理中の不快感がなくなりました。

子宮や骨盤周りだけではなく、全身もマッサージしてもらえたので、とてもよかったです。

『アロマタッチ』
スッキリした香りが気持ちよく、施術後は気持ちもリフレッシュすることができました。
背中や足裏、頭まで丁寧にマッサージしてもらえたので、満足できました。

首もとから髪の方へかきあげるようなマッサージが、特に気持ちよかったです。
アロマオイルが浸透していく感じで、施術後は肌の状態も良かったと思います。

『ヨガニドラー』
施術中の最初のほうは、まどろんだような心地よさがありました。優しく語りかけられているのを聞いていると、だんだん気持ちが軽くなっていくようで、途中から眠っていました。目が覚めてからも、心地よさは続いていました。とても深いリラックスができました。

顔と頭のマッサージの後、鏡を見たら、顔のシワが伸ばされていたように思えました。

R様40代

R様

先日はお忙しい中、再びお時間を作って頂きましてありがとうございました。

施術後の生理では、生理中の不快感が軽減されたとの事で、良かったです!
骨盤や子宮のズレは、施術である程度整えていく事が出来るので、子宮周辺の血液の巡りが良くなっていくと、冷えが解消されて子宮も元気になりますからね!

ただ割と簡単に整いやすい場合は、日常生活で、簡単に元に戻りやすくもあります…。
普段の筋肉の使い方のアンバランスで、簡単に歪んでしまいますが、逆にメンテナンスやケアをしっかり行えば、本来の状態へと整いやすいのです。

それだけ骨盤や子宮は動きやすいですから、時間や手間をかけた分だけ、応えてくれるのは、メンテナンスしがいがありますね!

それから、一番のお悩みのPMSは相変わらずだったとの事でしたので、PMSに関してはちょっと違った見方をしてみてはいかがでしょうか?

私も月に1~2日あるのですが、毎月毎回あっても、全然慣れなくて、本当に完全に無くなって欲しい!と思うのですが『禁断の果実 女性の身体と性のタブー』という本の中で、PMSについてこの様に書かれていました。
↓↓↓

『生理周期のこの時期を、感受性と鋭さの高まる時期として経験する人たちもいる。もちろんそれは過酷だけれど、同時に(たとえば創造性の面では)興味深く豊かなものである。

まるで生理前の数日間に、ある人たちでは回路が開いて、ダークサイドへの感受性が高まるみたいに。

あるシンガーソングライターとこの話をしたことがある。毎月生理の2日前の恐ろしい悲しみを、彼女は作曲のために待っているのだと語ってくれた。この悲しみは創造の原動力として作用するから。
彼女曰わく
「私は調和がとれた幸せな生活を送ってるから、PMSが原因のこの苦しさがなかったら、創造に向かう力が湧いて来ないと思う。」

ヴァージニア・ウルフ曰わく
「昨日『オーランド-』の中の最も生き生きした、最もきらきらしたページを書こうと思っていたのだが--まったく、ただの一滴も出て来なかった。
いつもの肉体的理由のために。ところがそれらのページは今日生まれてきた。
世にも奇妙な感じ。まるで脳内の考えの流れを一本の指がとめてしまうみたい。封がとれると血液が辺り一面に奔流する。」

(次の言葉は私が一番好きな言葉です)
↓↓↓
「世界ははかなくて嘆きしか生まれない場所だけれども、もし私たちが望めば、PMSを、そんな世界のありのままの姿を見ることができる特別な場所と考えることだってできるし、光の当たる空き地とみなすことだってできる。」』

 

・・・この本の読書会に参加した時のお話しはコチラに書かせて頂きました。

その読書会では
『PMSは自分のケアの為の時間が来た、休む時間が来た、と思うコトに』していると仰る方もいましたし、ミスや不注意等何かあっても自分を責めないで良い、『責めない!』と大義名分にしていい時間だと思うのはいかがでしょうか?

ヨガニドラーのキーワードを考える為に、いくつか事前に質問をさせて頂きましたが、『時間を忘れるくらい夢中になって、集中して没頭できる好きなコト(行為)は?』のご回答の中で『写真を撮っている時』とのお答えがありましたので、敢えてPMSの真っ最中に、撮ってみてはいかがでしょうか?

R様も芸術家肌なので、ダークサイドへの感受性が高まって、回路が開けば、普段とは違った作品が出来るかもしれません。

創造の原動力として、その時間を使った作品が出来ましたら、(もしよろしければ)ぜひ見せて下さいませね♪

倉田より

T様30代「胸に表情があるとしたら、元気な感じがして心が晴れやかになりました。」

●子宮整体

整体という名前から、
体を整えて調整していくイメージがあったので、こんなにもリラックスできて気持ち良いものなんだと驚きました。
終わった後には身体がとても軽くなりました。
子宮に関しては、
触れてもらうことでこんなにも意識ができるんだと実感しました。
私は子宮筋腫があり、普段は食事などは気にしてみたりしますが、目に見えないものなので、こうやって丁寧に誰かと一緒に身体に向き合ってもらえる時間は、とても貴重で、安心感もありました。
ありがとうございました。

●マンモリラクゼーション

ガルシャナを受けている最中は、
摩擦感に少し刺激の強さを感じました。
胸周りは、普段自分でも触れたことのないようなところまで、丁寧に施術してもらえて、血行が良くなったようなほぐれた感覚がありました。
翌朝鏡で見ると、胸のハリ感が違うように感じて驚きました!
大きくなったかは分かりませんが、
胸に表情があるとしたら、元気な感じがして心が晴れやかになりました。

●アロマタッチ

香りが心地良く、途中うとうとしてしまいました。こんなにスッと身体に入ってくるような香りを感じる体験は初めてでした。
終わったあとは、全身が脱力感で、
溜まっていた疲れが押し出されたような感覚がありました。
力が入らずその夜はボーッとして過ごしました。
普段は、やらなければいけないことがあるとついつい動いてしまうので、
それが出来ないくらい緩んだ身体に驚きです。おススメです。

T様30代

T様

先日はお時間を作って頂きまして、ありがとうございました。
T様は、ダンスをされたり、絵を描かれたりと、感性を普段から使っていらっしゃる方なので、とても感覚に敏感で、施術中も刺激が強く感じられたり、くすぐったかったり、もう少し深く入れて欲しいと感じられた時等、我慢せずにその都度仰って頂けたので、施術者と受け手だけの関係ではなく、二人で施術を作っていったような、とてもクリエイティブな時間となりました。

私は自分のやり方を通すというより(やり方はありますが、全員に同じように行っても、その方の満足はその方にしかわからないので)、お客様ご自身の中で、「もう少しこうだったら、もっと気持ち良いかも!?」とか浮かんだ事があれば、遠慮なく仰って頂いて、一緒に施術を作っていくような時間が持てたら、と思っています。

中には「痛いけど効きそうだから我慢する」とか「自分が凝っているから(硬いから)痛いだけなので、仕方ない」と、刺激が強く感じられても何も言わず我慢される方もいらっしゃいますが、もし不快な強さの時は遠慮なく仰って頂いて大丈夫ですよ!

本当は私の方で察して、強さを調節できるのが、『ゴッドハンド』とか『プロ』の仕事なのでしょうけど、私はそこまで過信しないで、お客様の気持ちやご希望を聞きながら、一人一人オーダーメイドでやっていきたいので、ぜひご自身の感覚に正直に、思った事を伝えて頂けたら嬉しいです。

私の方でも、硬さや滞りがあるような部分では、声掛けをして、不快感を与えないように、痛みを我慢させないように心掛けます。

T様は、お腹の施術の時に左下に違和感というか、痛みを感じられたそうで、私が触った感じで、子宮とのスペースが入りにくかった方は右でしたが、痛みのあった左下はちょうどS状結腸がある場所だったので、ガスや便が溜まってる可能性も考えましたが、便秘はしていないようでしたので、何が原因か一緒に考えて頂きましたら、その時排卵期で、ちょうど今回は左の卵巣からの排卵の時だからかも!?と仰って頂きました。

施術も身体に関しての事も、全て受け身ではなく、積極的にご自身のお身体に興味を持って、ご自身でも考えて頂く、そんな時間でしたので、私は触れただけでしたが、ご自身で子宮を意識して、子宮と繋がって頂く事が出来たのだと思います。

ホルモンバランス調整セラピーの説明にも書きましたが、皮膚は触れられた所に意識がいきますし、心は意識を向けられたものに、くっついていく性質があるので、身体からアプローチする方法を使っています。

子宮や胸のように、女性らしさの象徴の部分を意識し、身体が緩むと心も緩みます。
女性としての自分を大切にケアしていると、ありのままの自分が居心地良いと、素直に思えるようになられますね。

そして、T様はとても肌がきめ細かく繊細でしたので、ガルシャナ(絹の手袋)での刺激でも、強く感じられたようでしたので、次回はガルシャナの代わりに、着衣やタオルの上から軽く摩って、リンパの流れを促すやり方でもいいかもしれません。

アロマタッチを終えた後は、チークを付けたように頬の血色が良くなり、お顔の施術はしませんでしたが、お化粧されたかのように、明るい表情になられていましたね!

よろしければ又、ダンスや絵のような、クリエイティブな施術をご一緒しましょう。

倉田より

K様40代「性交痛がありましたが、撫でるようにほぐしてもらうと、徐々に痛みが消えて、楽になりました」

【ビフォー・悩み】

悩みは性交痛。
膣は濡れにくい感じ。水っぽくなく粘度が高い感じ。
摩擦による性交痛が辛かった
痛いのが怖くて、緊張して硬くなり、入らないことが多かった。

【施術内容・受けた感想】

①子宮整体

とても丁寧に探るように施術して頂きました。
気持ち良いポイントや、欲しいポイントを逃さないので安心して受けられました。
足の施術で緊張が和らぎ、眠くなりました。
お腹のマッサージで、縦に筋ばっているのに気付きました。
子宮の肘の施術と、大殿筋と骨盤を締める施術が気持ち良かったです。

②ディープチネイザン

おなかのオイルマッサージ後、
股関節・恥骨上ほぐしのあと、膣のオイルマッサージ。

指を入れる時、
膣右入り口が硬く少し痛かったが、
左側は痛くないことがわかりました。

右側は入り口だけでなく、奥も痛い。
痛いところは硬かったそう。

【体の変化】

撫でるようにほぐしてもらうと、
徐々に痛みが消えて、楽になりました。

終わったあとは、右腰と右のお尻の奥が柔らかくなっていて、体全体がすごく楽になっていたし、
右に脚が開きやすくなっていました。

顔色がよくなり、ほほに赤みがさすようになっていました。

【セラピストのキャラ】

ナナさんのリードは優しく、ナビゲーションがしっかりしていて、
エロい感じでもなく、
和やかなセッションなので、女性も安心して受けてもらえると思います。

私のように性交痛に悩んでいたり、
他にも、つらすぎる腰痛や坐骨神経痛みたいな症状にも効果があると思います。

K様40代

K様

先日はお時間を作って頂きまして、ありがとうございました。
そして、それぞれポイントに分けて、ご感想をわかりやすく書いて頂きまして、ありがとうございます!

K様は、全体的に右側に硬さや不調が強く感じられました。
昨夜ダンスで右回りをよくされたそうで、右側の足や腹筋を普段からよく使う事で、歪みや筋力のアンバランスが出てしまうのかもと、腹部の施術の時に気付かれたそうです。

男女ペアになって踊るサルサダンスなので、女性は男性のリードに合わせて踊りますが、男性が右回りに誘導する事が多いそうで、左にはあまり回さないそうです。
多分右利きが多いから、右に回しやすいせいなのか?ダンスのやり方として、一般的にそうなっているのか?本当の理由はわかりませんが、女性は男性のリードに従って踊るので、バランスを取る為に勝手に自分から左に回る事は出来ないはずなので、筋力にアンバランスが生じますよね。

男性に「たまには左にも回して下さい」とも頼めないでしょうし(笑)、終わった後にバランスをとる為にご自身で、左回りの練習をしてみたり、という事もないそうです。

それと少しだけ関係しているような話になりますが、K様は性交痛がお悩みでいらっしゃるのですが、性行為の際にジェルやオイルを、女性から差し出すのは、気まずいと思われるので、そのまま男性のリードに任せてしまうそうです。
女性からコンドームを差し出したりする事も、男性にどう思われるかを考えてしまい、躊躇するそうです。

最初からそういった物を準備している女性を、男性はどう思うか?を先に考えてしまって、自分の身体を守る事、大切にする為に必要な物であったとしても、結局は出せずに、受け身になってしまうとの事でした。

そのお話しを聞いて、女性として共感できる反面、ご自分のお身体を、ご自分自身を、ぜひ大切に、心の声に従って欲しいと思いました。

『潤う力 膣圧調整ストレッチ』(著者:鈴木貴恵さん)という本の中の言葉をご紹介させて頂きます。
↓↓↓

セックスを気軽にできない理由として、私たちの勝手な思い込みが邪魔しています。
たとえば、セックスは暗くしてするものだ、イカなきゃいけない、かわいい声であえがなきゃいけない、一人の決めた人としかしてはいけない、パンツとブラジャーはセットのものじゃないといけない、むだ毛の処理をしておかないといけない、スタイルがよくないから裸を見せられない、胸が小さいから脱げない…などなど。
思い込みを外していくのは、最初はとても勇気が必要です。でも、「こうしなければいけない」というルールをたくさん持っていると疲れてしまいます。
もっと開放的なセックスを楽しむためにも、思い込みの殻を破っていきましょう。心が開放されると、からだも感じやすくなっていきます。

セックスのときに女性から積極的になるのは、はしたない、こういうときは男性がリードするものという固定観念などから、男性任せになっている女性もいるでしょう。しかし、楽しみたいなら、自分がしてみたいこと、気持ちいいところなどをハッキリ伝えることが大事です。

女性が消極的になってしまうのは、「女性がでしゃばりすぎると嫌われる」といった固定観念からです。
私も以前は男性任せでしたが、自分の思いを殺してセックスをしてもつまらない時間だと感じていました。
そんなある日、相手に嫌われてもいいと思い、自分のしてみたいことをセックスの最中に言ってみたのです。そして、それをしてみると、相手がとても喜んでくれたことから、開放的になれました。
実際、いろいろな男性とつきあってみて、積極的な女性が嫌いな男性は少ないと思います。男性の狩猟本能を目覚めさせるのは、「ルパン三世」の不二子ちゃんや、「ワンピース」のナミのような、自分を持っていて意志表示のできる強い女。振り回されてしまうくらいの女性の方が、追いかけたくなるものです。
ですからもっと積極的になりましょう。そんな女性の方が、男性は魅力を感じるのです。

…だそうです。
そして、K様のような性交痛がおありのような場合だとしても、↓↓↓

男性は射精をし、女性はイク…。ここまでしてセックスをしたことになる、と思っていませんか?
それが理想であるかもしれませんが、私たちのからだは日々、変化を感じています。男性も女性も、仕事で疲れていたり、精神的に落ち込んでいたりする日は性欲もあまり湧きません。
また、女性の場合は生理周期によってからだと心の状態が変わります。たとえば、排卵期は性欲が出るけれど、生理の直前、直後はあまり性欲が湧かないなど、ホルモンの状態もアンバランスです。
それなのに、裸で抱き合ったら最後までイカなければならないとなると、我慢しながらすることになるので、精神的に負担になってしまいます。こうした負担がセックスレスにもつながります。
…とらわれることなく、「気持ちいい」をゴールにすると、罪悪感を持たずにどんな状態でも満足することができるようになります。

…との事でした。
K様にとっては、まずDeep breathの『ディープチネイザン』を受けて下さった事は、思い込みの殻を破るきっかけになったのではないでしょうか?
施術とは言え、女性に膣を触らせる事は、本来なかなか有り得ない事だと思います。
恋人でもなく、病院での検査でもなく、同性愛者でもないのに、同性である女性(私)に膣の施術を、エロくなく、冷静に受けて頂いて、センシティブな部分を任せて頂きました。

そして痛みがあった所も、我慢せずにその時教えて頂いたので、痛くない左側をまずほぐし、周りの血行を良くしてから、もう一度痛みのあった所に、そっと戻ってゆっくりとほぐしてみると、痛みは徐々に消えて楽になったとの事でした。

もしかしたら…ですが、男性の立場になって考えてみると、相手が右利きだと、膣の中に指を入れると、女性の右側の膣壁から押す事になるのでしょうか?

K様の場合は入り口付近から痛いとの事ですので、たっぷりオイルを付けて、まず左側から入れるようにするとスムーズかもしれませんね。

男性のリードに任せるのは、信用しているという事にもなりますが、私を施術者として信用して頂いたように、痛みがある所は我慢せずに言って頂く事も、相手を信用している事になると思います。

オイルやジェル、コンドームを使って欲しいと差し出す事も、相手に素直な自分を見せて、自分を知って欲しい、良い関係でいたい、と言っている事にもなります。

それからK様は、以前男性から膣が曲がっていると言われた事があるそうで、子宮が下垂していると、そのように感じられる事もあるかもしれません。

立場上(医者ではなくセラピストですので)判断はできませんが、性行時に子宮が下がっている為の痛み(潤滑油が少ない為の痛みではなく)を感じる場合は陰茎が直接子宮に当たる痛みになります。

子宮が上下左右に片寄らず、本来あるべき位置にある事で、スペースが出来て、内臓の働きが良くなりますので、タイでは女性は子宮を上げると健康になると言われています。

K様は美容に気を使われている方なので、ご自身で行う顔のマッサージを、指を口の中に入れて、ほっぺたを内側から押して血行を良くする事をされているそうで、膣ケアもそれと同じような事かも!?と仰っていました。

ぜひ顔のセルフマッサージと同じように、膣ケアも習慣にされて、このように触れてもらえたら痛くない、というやり方をパートナーさんにお伝えできるといいですね。

プライベートのパートナーは、ほんのひと時を過ごすサルサダンスのパートナーとは違いますので、受け身のままではなく、ぜひ本当の自分を知ってもらいましょう。

倉田より

S様50代「腰まわりが今日は暖かく、これはひとえに子宮整体のおかげかと思い連絡しています。 そのおかげでしょうか、目覚めも良く、ずっと朝はなかなか起きられないことも悩みでしたので嬉しくて報告致しました。」

お世話になります。フェミニンリラクゼーション150分を受けましたSです。

今日は、遠赤外線の温熱パットまでご持参されての出張施術ありがとうございました。
出張サロンなのに、ここまで用意してもらえるなら、わざわざサロンに出掛けなくても、自宅に来てもらう方が楽ですね。
体の芯まで温まるので遠赤外線好きなんです。好きな場所に移動して、つい使い放題させて頂きました。

さて、近年、周りの同年齢の女性が次々と閉経するなか、まだ一応、月のものはありますが、鬱や体の不調をよく感じるようになりました。

更年期障害じゃない?と友から言われながら、ある日、子宮のずれや骨盤のずれが体調を崩す原因と知りました。

そして、ネットサーフィンをしていたところ、こちらの出張サロンを知りました。
とても細かく、詳しい身体のあれこれの内容はすみません。感動はすれど読みきれていませんが子宮整体に目が止まりました。

そこで早速受けさせて頂きましたしだいです。

今日の素直な感想でしたね。
わたくし大変疲れていたようで、子宮を支える筋肉をつけるための、筋肉トレーニングや、骨盤調整。なかなか大変でした。日頃の運動不足を痛感しました。

耳とお腹の温灸は、ずっと受けていたいほど気持ちよかったです。はじめ両耳と頭のてっぺんの温灸から始まり、頭からは、少しづつ移動されて眉間辺りまで温灸してくださいましたね。

不思議と調子が悪い場所は温灸が熱くなり、まるで早く良くなるように調整しているように感じた話から、つい、秘密の話まで初対面なのに話してしまいました。それだけ、温灸はじんわりと心をほぐすのかもしれません。次回はリラクゼーション施術と温灸のセットを受けられたら幸いです。

子宮整体は、お腹周りだけの施術を想像していたのですが全身でしたね。私が今、何をされているのですか?とたずねた時、子宮と繋がる場所の施術をしているのですよと教えてくださいました。
足先から背中や腕の方まで、子宮は関係していたことに驚きです。だからこそ、わたくしみたいに猫背で仕事をしていると子宮がずれてしまうのですね。

ところで子宮整体は、タイが発祥との事ですが、本場タイでは産後のケアも盛んとのことを教えてくださいましたね。
タイの人たちが常によく笑いおおらかなのは、こんな施術が当たり前にあるからなのかもしれませんね。

わたくしみたいに、マグロのようにリラックスしたい人にはあまり向かない施術かもしれませんが、常にアクティブに輝いている中年女性の皆さんは絶対喜ばれると思います。

わたくしも、しばらくはリラクゼーションと温灸中心の施術を受け、体を柔らかくして。
改めて筋肉トレーニング付きの子宮セラピーを受けなおしてみたいです。またよろしくお願いします。

(次の日、S様からこのようなメールを頂きました)
↓↓↓

おはようございます。子宮整体でお世話になりましたSです。朝からすみません。

実は腰まわりが今日は暖かく、これはひとえに子宮整体のおかげかと思い連絡しています。
そのおかげでしょうか、目覚めも良く、ずっと朝はなかなか起きられないことも悩みでしたので嬉しくて報告致しました。

朝から失礼しました。ありがとうございました。

S様50代

S様

先日はお時間を作って頂きまして、ありがとうございました。
そして次の日の体調の変化まで、詳しくありがとうございます。
S様は、心身共にとてもお疲れでいらっしゃったので、タイ式マッサージや骨盤調整ストレッチのように、動きのある刺激的な施術より、次回はオイルトリートメントのロミロミや、ゆったりリラックス整体のように、安心して眠れるようなリラクゼーションを目的とした癒しの施術の方が合っているかもしれませんね。

S様は子宮のズレも気になっていらしゃったので、もし今回のような子宮の施術をご希望でしたら、オーダーメイドコースとして、リラクゼーション施術にプラスしてカルサイネイザンを付けて頂ければ、お腹の施術や子宮のリフトアップも行います。
カルサイネイザンの後半には、ヨガのポーズが入っていますが、筋力アップより、リラクゼーションがお好みであれば、無理やりやらせる事はございませんので、施術前に内容のご相談をしましょう。

また今回とは違った感じで、S様のご希望に添ったオリジナルの子宮セラピーが提供出来れば、と思っております。

そして、S様がDeep breathを選んで頂きましたきっかけとなった、ご友人様との会話の“更年期障害”についてですが、
『女性のカラダとココロの「不調」を治す44の養生訓』(著者:若林理沙さん)という本の中のでは、このように書かれていました。
↓↓↓

女性の平均的な初潮開始年齢って12.5歳。平均的な閉経が50歳くらいで訪れます。今、女性の平均寿命って86.39年。…圧倒的に月経がない時期の方が長いのだ。月経がないと、女性じゃないってありえないと思わない?小学生の女児だってしっかり女だし、閉経後だって女よ。もちろん高齢者だって。
月経のあるなしで女性性が付加されたり、剥奪されたりすることはナンセンス。同じように、子供を産む産まないで女性性をどうこう言われるのもおかしい。また、月経を女性性の象徴として神秘的にとらえ、特別に持ち上げることも非常におかしな風潮だと思っています。なんでそんなに肉体や生理現象に引きずられなければならんのだ。
だいたい生殖可能かどうかで「女性」かどうかが決まるっていうのがおかしい。肉体的な性別と精神的な性別が全然違うこともあるし、そもそも、「女性」「男性」って区別自体もアヤシイ。肉体的な性別も、精神的な性別も、実際のところ恐ろしく細かいグラデーションがあるのですよ。
月経が終わった程度で、子供産んだ程度で、みんなが積み上げてきた千差万別で固有な「女」が消えてなくなるわけがないのです。ましてや更年期の症状が現れたからって「私はもうオシマイね」なんて思う必要はまったくないわけです。
身体的な変化が訪れたからと言って、今までの「私」がなにか別なものに変質してしまって、それが悲しむべきことなのだ…なんてイメージは全部どこかに捨ててしまいましょう。月経が止まってしまってもあなたは間違いなく今まで通りの「素敵な女」ですよ。

…そして、このようにも書かれています。
↓↓↓

私は子供産んだらものすごい健康になりました。これは別に出産がデトックスになったわけではなく、生活習慣がガラッと変わったことが原因だと思われます。赤ん坊は早寝早起き、だから夜は早めに眠らないと、明け方早くに赤ん坊に起こされて毎日寝不足で家事も仕事も回らなくなるため、自然と早寝早起きになります。その結果、体内時計が整い、自律神経失調症の症状が出にくくなります。
…こんな風に、生活習慣を変えることができると、精神的にも肉体的にも安定するわけなんだけど、コレって別に子供産まなくても大昔はみんな多分やってたのよ。小学生の頃とかのことよ。あの頃は酒飲まないしタバコ吸わないし、少なくとも10時頃に寝るし、おやつは勝手に食べられないし、ご飯はしっかり食べさせられるし、体育で強制的に運動させられるしね。
模範的な小学生の生活を実践するだけで、相当心も体も安定します。カラダが元気なら心も平和になるんですよ。
メンタルやられるとカラダが調子悪くなることについてはかなり敏感になっている人も、生活習慣でカラダの調子が悪くなっているから、メンタルも不調に陥っているってことにあんまり気づかないみたい。
ココロとカラダは表裏一体なのよ。
メンタルからカラダへのフィードバックだけじゃなく、カラダからメンタルへのフィードバックも行われていることに注意してあげてね。

…だそうです。
S様のお話しをお聞きしましたら、年齢的な事での鬱や体調不良というよりは、食生活や生活環境が影響しているように、思われました。
ましてやS様はまだ生理も続いていらっしゃいますし、施術後の変化も敏感に感じられていらっしゃったので、身体は手間を惜しまなければ、変わっていくと思います。

生理の状態は、1ヶ月間どう過ごしたかを表す成績表のようなものです。
生理がいつもより辛かったら、生活を振り返るきっかけにもなりますが、いつも辛いと“これが普通”“こういうもの”だと諦めないで下さい。

次の生理の為にも、生活を改めていけば、身体はリセットされて、それに応えてくれます。
今までの積み重ねがあるので、すぐ次の生理で変わらないかもしれませんが、ご自分の身体に意識を向けて生活するだけでも、身体は喜びます。

それでもなかなか変わらなければ、婦人科系の病気が原因の可能性もあります。
定期検診と、日常生活の改善は両方とも大切ですので、ご自身だけの判断で解決しないように、“安心”の為にも専門家に定期的に相談してみましょう。

倉田より