女性ホルモン活性コース

★マンモリラクゼーション

スリランカ女子

おっぱい周辺は、ブラジャーや衣服に締め付けられていて、体液の流れが滞りやすいのです。おっぱいの血液やリンパ液の流れが悪くなると、酸素や栄養素を細胞に運べなくなると同時に、二酸化炭素や老廃物も排出されにくくなります。
そうすると、次第におっぱいに疲労物質が溜まり、冷えて硬くなってしまいます。冷えて柔軟性を失ったおっぱいは、血液やリンパ液が循環できなくなり、ますます硬くなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。
体の真ん中にあるおっぱい周辺の循環が悪くなると、全身の血液循環も悪くなり、頭痛や肩こり、冷え、むくみ、月経痛などとさまざまな不調を引き起こします。

 女性ホルモンの状態は目で見ることはできませんが、おっぱいの様子を見ることで女性ホルモンの働きを知ることができるのです。全身の血液やリンパ液が滞ることなく循環し、新陳代謝もよく、女性ホルモンのバランスがとれていれば、おっぱいは弾力があり、ふわふわとやわらかくなります。すると、おっぱいと連動している子宮も同じように、温かくふわふわになります。
 逆に、月経痛、月経不順、PMS、子宮や卵巣のトラブルがある場合は、女性ホルモンのバランスがうまくとれておらず、おっぱいも冷たく、硬く、流れがつまった感じになります。
つまり、おっぱいをふわふわとやわらかい状態に保つことで、女性ホルモンのバランスを整えることができるのです。
 おっぱいは手足のように動かすことができないため、体の中でもっとも動きが鈍い部分ですから、手で動かしてあげることが必要です。

 施術はまず腕のストレッチ。腕まわりの筋肉はおっぱいを支える土台になっており、ここをほぐすことで、血液やリンパの流れが改善しやすくなります。女性はおっぱいがあるので四十肩の痛みや腕が上がらないという症状が激しくなります。腕のストレッチはその予防になります。
現代女性は姿勢が悪い上に下着で胸を締め付けているので、「おっぱいが胸の筋肉にはりついている状態」です。
そして、胸の筋肉から乳房を引き離す(はずす)イメージで、揺らしたり流したり、動かしていきます。
 バストが垂れるのを避けられる他、靱帯の弾力が向上して張りが良くなり、バストアップにもつながります。
バストの間のみぞおち部分、胸腺は胸の中央にあるホルモン分泌器官で、免疫中枢でもあります。ここを刺激すると、リンパの流れが更に良くなる上に、免疫力もアップします。胸が開いて姿勢が正しくなり、呼吸が楽になる効果もあります。

★カルサイネイザン

 タイ式の中で、奥義とも言われているもので、「カルサイ」とはブロックしている部分の事で、体の詰まりを意味します。「ネイザン」は内臓の事で、チネイザン(内臓デトックスマッサージ)のアドバンス編と言えます。チェンマイにあるタオガーデン(ヘルススパ&リゾート)の創設者のマンタクチアが、タイ人の協力を得て作られた、タオ伝承の療法です。
加齢による下がってきた内臓を上げていくという意味が強いですが、タイ国本式のやり方は少し強い刺激ですので日本人に合うようにソフトにアレンジしました。
生殖器系と関係している、足の内側のセンをほぐし、股関節のストレッチを行い、腹部をしっかりほぐして、骨盤内の血流を良くします。
 オイルマッサージやタイ古式等の通常施術で、よく身体が温まった後に、ホルモンバランスを整えるツボや鼠径部周りにあるリンパを刺激します。
施術の一番最後に「会陰」を刺激します。(任意です)
子宮や卵巣に働きかけ、頻尿や膀胱炎など、女性に多い悩みに良い効果が期待できます。

タイのチェンマイ オンタイマッサージスクールで習った施術です。ご安心下さい。

会陰とは・・・タイ寺院

東洋医学的に『会陰』というツボは、肛門と生殖器の間にあります。ここはとても大切な場所なのですが、普段は全く使うこともありませんし、意識したこともないでしょう。ですが、瞑想でも気功でも、ヨガや太極拳でも、とても重要視されています。会陰は氣が湧き出る場所ともされているため、硬直していることはよくありません。ここが硬い状態のままだと、氣がスムーズに湧き出てこないのです。
 出産時には大きく広がり、時には裂けます。
自分の会陰が裂けるのを防ぐために、妊娠の最後の数週間の間にご自身で会陰マッサージを行うことで、出産時の痛みを和らげることができます。
会陰切開の必要性を少なくするために、会陰の筋肉をリラックスさせて、伸縮性を高める必要があります。
 妊娠している方、これから妊娠する方は、赤ちゃんがこの世に生まれ出てくる際に、大きく伸びることになりますこの部分を、育み、大事にし、柔軟にするために、ご自分でもマッサージをなさってみて下さい。

※妊婦さんへのマッサージはお断りしております。こちらで行う施術は、タオルの上からの刺激になります。

 そして、会陰に刺激を与えると、血流が良くなることから、痔や免疫力、精力などを高めるツボでもあり、性感とつながっているので、適度な刺激を与えると興奮度が増してきます。精力減退にも効果的です。
マッサージする側にとっては、扱いずらい場所にありますが、健康に効果のあるツボですので、ご理解頂いた方のみ、施術を行いたいと思います。

この「会陰」を中心とした骨盤の下の面を支えている筋肉群を「骨盤底筋群」といいます。詳しくはコチラ

★骨盤ケア

インド赤ちゃん骨盤ケアとは、骨盤本来の機能性を向上させることです。骨盤は、体の中心にあり動く体の要として機能しています。
日常生活の何気ない姿勢や動作のくせによって、左右差が起こりやすくその影響が全身へ波及します。
肩こり、腰痛、股関節痛などの痛みから、便秘や生理痛から頭痛、不眠、うつ症状などの不定愁訴や、プロポーションのアンバランスもこの骨盤の左右差が影響していることが多いです。
現代に生きる女性は、肉体的ストレスと精神的ストレスの影響で、骨盤周囲の筋肉の動きが弱く、卵巣・子宮周囲の血流が悪くなり、妊娠しづらい体質へと傾いています。生理の周期や日数が乱れるのは、ストレスによって脳の視床下部の働きが鈍くなり、ホルモン分泌が乱れていたり、骨盤の歪みによって子宮や卵巣に圧がかかっている可能性が考えられます。
さらに栄養障害と機能不全による、月経困難、不妊、低体重児、難産、産後うつなどが社会的な問題となっています。予防と改善のためには、日常生活に骨盤運動を取り入れることは効果が高く、基礎代謝を上げて全身の活力を高めることが期待できます。

頭や正しい姿勢を支えている土台である骨盤。脚の動きの根元も骨盤にあるため、骨盤周囲には多くの筋肉と血管があり、骨盤を動かすたびに筋肉が動き、骨盤内に位置する卵巣や子宮周りの血流が改善されます。
逆に運動不足や悪い姿勢が続き、骨盤内の血流が悪くなると、子宮や卵巣に影響が出て、妊娠力が低下します。冷えから血流が悪くなり、ホルモンバランスが崩れる場合もあるので、体温を上げて基礎代謝を高めることが必要です。

●運動療法としてのアプローチ
【骨盤呼吸】
骨盤と後頭骨の連動運動を与え、視床下部への血液、脳脊髄液の循環を回復。
【骨盤呼吸体操】
骨盤の歪みを整え、子宮や卵巣への負担を軽減。

『骨盤ケア』は通常施術のオプションとして+20分1,000円でもやらせて頂く事もできます。

骨盤底筋群について

「骨盤底筋」とは、子宮やぼうこうといった下腹部の臓器を支える筋肉や「じん帯」などの総称で、ここを鍛えると、女性の下半身のトラブルを改善できることが医学的に証明されています。
骨盤底筋群は骨盤の底にあり、肛門、尿道、膣を締める働きがあり、 排尿や排便をコントロールしています。一方で年齢と共に衰えやすく、骨盤底筋の機能不全が(咳やクシャミをした際の急激な腹圧に対処できず)尿もれや、尿失禁の原因になってしまう事もあります。そしてここが衰えるとタガが外れたように骨盤が歪みます。ことにデスクワークが多いと骨盤底筋群は衰えがちで、ボディラインが崩れるきっかけを作ります
骨盤底筋群はお腹(腹筋群)、背中(脊柱起立筋)、太もも(内転筋群)の筋肉の出発点。鍛えるとお腹、背中、太ももに力が入り、体に軸ができて骨盤の歪みも整います。しかも腹圧が上がって下腹のでっぱりが凹み、背すじが伸びて姿勢が改善。胸を自然に張れてバストアップします
骨盤底筋群が引き締まっていれば、「女性ホルモンのバランスが整えられたり、生理不順やPMSなどの改善などにもつながります。そして、ヒップアップにも効果的で、骨盤底筋群が引き締まっているほど魅力的なヒップがつくれますよ!」。そのほかには、お腹まわりのシェイプアップにも役立つそう。

また、こんな恩恵も。「骨盤底筋群が引き締まっているということは、膣の締まりがよくなるので感じやすくなり、さらに妊娠しやすくなるとも言われているんです」

ヨガでは骨盤の底でエネルギーを作り出す火

ヨガではこの部分を「ムーラバンダ」と言って、呼吸をする際に締めることでエネルギーが充実するとされています。
サンスクリット語で「ムーラ」は根っこ、「バンダ」とは、「締め付ける」 と言う意味
ヨガのポーズでも、バンダをするのと、しないのでは安定感が全く変わってきます。
主なバンダは体の3カ所にあり、喉、丹田、骨盤底(会陰部)

骨盤底の「ムーラバンダ」は、、
尿道、膣、肛門の内を締めて上に引き上げる事。
ムーラバンダを意識し、鍛える事は女性にとって大切な事で、生理痛やPMS(月経前症候群)の軽減につながり、妊婦さんには、ムーラバンダを弛める事で出産時に役立ったり、産後の尿失禁などの予防にもつながると考えられます。

昔の女性は、雑巾掛けや、ハタキをかけたり、洗い桶で洗濯をしたり、正座など、日常生活の中で自然とムーラバンダが鍛えられていたようです。
これによって、紙ナプキンがなくてもムーラバンダをして、月経血コントロールをして月経中を過ごすことが出来ていたようです。
現代では、当たり前のように使っている紙ナプキンですが、体に良くないという意見もあり、燃やすとダイオキシンが出る素材で、中の水分吸収ポリマーは、体の底を冷やしてしまうそうです。

会陰部の粘膜は、大変敏感な部分で、二の腕の皮膚より42倍も吸収しやすいと言います。
最近では、紙ナプキンの代用品として、布ナプキン、経血カップなどが少しずつ浸透してきているようです。

ヨガの上達にも、女性ホルモンのコントロールにも、ムーラバンダを意識し、鍛えましょう。



★足裏ヘナ

ヘナとは、インドやパキスタンなどに広く自生している植物で、日本では「ミソハギ」と呼ばれている薬草です。髪の毛を染めたり、爪を染めたりする薬剤としても知られていて、古くは、エジプトの女王クレオパトラが爪を染める際に使ったという逸話もあります。
インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」では、解毒が必要な症状の治療に活用されています。治療の際は、ヘナを乾燥させて粉末にしたものを水で溶かして使用します。
代表的な治療例は、婦人病や皮膚病、吹き出物、止血などの「体内毒素」が原因の症状。ヘナの解毒作用が、症状緩和に効果を発揮します。

インドの伝統医学「アーユルベーダ」では、更年期の不調は、子宮に体内の老廃物や毒素がたまっている状態と考えられています。
そのため、解毒作用がある「ヘナ」を使って、「足裏」から毒素を排出する方法が活用されてきました。
足裏に塗り込む理由は、足裏には様々な体内器官とつながったツボが集中しているため。
ツボを通して体内に吸収されたヘナの成分が、体内毒素を取り込んで、足裏のツボや尿から対外へ毒素を排出します。
 
更年期不調や婦人病を起こしている毒素も、このヘナを使って外に出してしまえば、症状緩和に役立つというわけです。
 
そして電磁波を沢山浴びた、体に溜まった毒素を足裏からデトックスすることもできます。
 
足裏にヘナを塗ると、ひんやりとくすぐったい感触がします。田植えの時に、地下足袋を履かずに素足のまま水田に入ると、足裏に泥の粘り気や独特の感触がありますよね。
ヘナペーストの見た目は泥と似ていますが、パックとして、足に湿布しても、同様のテクスチャーです。そういえば、田植えを手伝った後の足や、泥パックをした直後は皮膚の余分なあぶらが抜けて、スベスベになりませんか。 「足裏ヘナパック」なんて、おどろおどろしい!」と敬遠されている方でも「泥パック」だと思うと、抵抗なくお試しいただけると思いますが、いかがでしょうか。
※こちらで使用しますヘナは、色の付かない「ナチュラル」ですのでご安心下さいませ。

『足裏ヘナ』は通常施術のオプションとして+20分1,000円でやらせて頂きます。